[ES-03] バンコク中西部学習ツアー

世界で実際に活動してみよう!

プログラムを通して自分の生きている地域と、世界が共通に抱えている問題について学び、分析し、そして解決策を考えるスタディツアーです。また、当スタディツアーでは学習だけで終わるのではなく、実際に自分の能力や学んだ知識を生かして、現地の人々のために活動を行うということと、タイの社会問題を深く学習できるのが最大の特徴です。高校生・専門学校生・大学生向けのプログラムとなっております。

■ディスティネーション

バンコク

バンコク中心街の大型ショッピングモールや経済的に発展している地区を見学し、バンコクの経済について学びます。また、そのほかにも水上市場や王室支援の農業試験場を訪問します。

カンチャナブリ

自然の宝庫として知られるカンチャナブリーには数々の遺跡が存在し、先史時代からクメール帝国時代の歴史を今に伝えています。泰緬鉄道やその博物館では旧日本軍が捕虜に対して行った強制労働の歴史などを知ることができます。

アユタヤ

1767年にビルマ軍の攻撃で破壊されるまでの417年間、アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた古都アユタヤ。遺跡以外にも宮殿や日本人村など見どころが多いのが特徴です。

■学びのポイント

タイの格差社会について考える

急速な経済成長に取り残されてしまった人々を支援する運動が、国内外の活動家たちによって進められています。バンコクのスラムで教育・生活改善に取り組んでいる支援団体から、仏教精神に基づき、タイ人同士が支えあって運営されている孤児院・障害者団体など、様々な社会的取り組みを訪問することができます。

カンチャナブリでの平和学習

泰緬鉄道建設の歴史、捕虜の生活ぶりなどに関する資料を展示している歴史博物館などの史跡を訪問します。第2次世界大戦期の旧日本軍の痕跡をめぐり、日本人の見る歴史と、世界の人が見る歴史の違いを感じます。

ロイヤルプロジェクトとOTOP

前国王のラマ9世によって始められた、地方農村の再生運動である「ロイヤルプロジェクト」や、タイ各地の自治体が取り組んでいる「OTOP – 一村一品運動」など、農業や手工芸などを通じて、国全土の豊かさを高めるタイ政府の取り組みの現場訪問を行い、学ぶことができます。

■学びのフロー

  • 事前学習&現地学習①:地理・歴史・東南アジアの人々について学ぶ
  • 事前学習&現地学習②:タイの現代社会で起きている経済格差問題について学ぶ
  • 事前学習&現地学習③:格差是正のために行われている取り組みを学ぶ
  • 現地学習①:タイの子供や同世代の人と交流する
  • 現地学習②:現地の人のためになる活動を考え実施する
  • アウトプット①:事前学習中に企画したボランティアを滞在中に実施する
  • アウトプット②:格差是正のためにできることをまとめ、発表する

商品提供地域

タイバンコク、アユタヤカンチャナブリ(日本国内各地出発)

お手数をおかけしますが、お問い合わせ時にプロダクトコードの欄に「ES-03」をご記入ください。